2016年4月より、佐藤可士和氏率いる株式会社サムライ のメンバーとして活動していくことになりました。>「ご挨拶とご報告」

PIKO FUKUI

Category: SHELVES, architecture, interior — Posted by SA at November 6, 2012

01

G.T.B.Tグループのジュエリーショップ「piko」福井店の外観・インテリアの設計を致しました。
「おいしい生活」をコンセプトに、食事をモチーフとしたデザインを随所に配しています。


一緒に過ごす二人には、いままでも、これからも、たくさんの美味しい時間がある。
デートで行ったレストラン、お気に入りのカフェ、手料理を作る家のキッチン。
楽しい時間の積み重ねが、二人の人生をもっと幸せにしていく。

そんな素敵なシーンを想像したショップのコンセプトは「おいしい生活」
シェフの自慢のデッシュのように、素敵な指輪をお客様にご提供していきます。

空間構成
一階はデリやオープンキッチンのイメージ。カジュアルで明るい場所。接客コーナーはカフェ、トイレはレストランの個室という位置づけです。二階はグレードを少し上げて、BARやレストランをイメージ。しっとりとした素材を使っています。

一階の詳細
・天井の大きな斜めの造作は、包丁やナイフのイメージ。引き裂くナイフのイメージではなく、美味しい物を造り出す道具の象徴として、キラキラしたナイフを置いています。奥にいくにしたがってすぼまっているのは、空間を広く見せる効果と、二階への誘導を狙っています。
・接客コーナーのアートワークは流木の端切れを集めて作ってもらったもの。食材を育む太陽をイメージしています。二色の色分けは、昼夜、そして、男女のイメージ。

二階の詳細
・階段の上り切った所にある壁のアートは木の実のイメージです
・両側壁の大きなアートワークは、一階の接客コーナと同じ材料の流木で作製してらったもの。食材の獲れる川をイメージしています。地層のようにも見えることで、大地と水へのオマージュを表現しています。

家具、アートワークもこのショップの為のオリジナルです。


02


03


06


07


08


09


10


11


12


13


14


15


16


17


18

credit
client:JEWERLY PIKO inc.
location:fukui
interior design:a-study
lighting design:ushio spax
besoke flower:shungetu nakamura/syunka
art work+goods cordinate:eri and yuri / warang wayan indonesia
furniture(sofa/chair):crea plannning,minamisawa kagu seisakusho
construction:matsumura construction
photograph:akira yonezu