2016年4月より、佐藤可士和氏率いる株式会社サムライ のメンバーとして活動していくことになりました。>「ご挨拶とご報告」

stand for ipad

Category: NOTEBOOK — Posted by SA at June 14, 2010

ipad_stand

ipadをショップ等パブリックな空間にインストールするためのスタンドをデザインしています。
ホームボタンを押させない様にする工夫や首振り機構など解決する点は多いのだけれど、カメラの自由雲台を使って解決できそう。

今はスチールの予定だけれど、支柱を思いっきり細くしてカーボンにして、タッチしたらしなってモーションセンサーを利用したりすることも出来そう。

おそらくここ数年でデジタルデバイスによるショップのプランニングルールは劇的に変わっていくと思っていて、基本的にはこのような物だと思う。


デジショップ

ショップのVP機能は分散し、在庫の管理機能の一部を担う事で、よりダイレクトな商品の店頭広告が可能になる。なにより特筆すべきは店舗面積が小さくなることで、より条件の良い場所へ小さい出店を可能にできるだろう。余剰コストを空間の質の向上に使うのか、それともより多くの出店を狙うのかという選択肢も増える。

さらに大型の店舗は、店頭検索、コーディネートのスペースと、商品の陳列を分割して考える事で違う風景が産まれるだろう。


デジショップ2


new_idea

検索に使用するデジタルデバイスと、リアルな商品を手に取る検索ゾーンの内部に、オープンストックを持つ。より高効率なショップも産まれて来るだろう。同様の変化はオフィスや住宅にも現れて来るはず。これはまた改めて・・・。

ちなみに、冒頭のスタンド。自由雲台を使う仕様なので、こんなこともできる。
インスタレーションとかエッジの効いたショップなんかにどうでしょうか!
4_ipad