2016年4月より、佐藤可士和氏率いる株式会社サムライ のメンバーとして活動していくことになりました。>「ご挨拶とご報告」

takumi pharmacy

Category: architecture, medical — Posted by SA at May 21, 2010

taku01

郊外に建築された調剤薬局兼用住宅。一部広告が規制される業態ゆえ、建築・内装が媒体として機能するように意図して設計しました。



エントランスポーチから連続して並べられた蛍光灯は、細長いスペースの奥へ利用者を誘導し、圧倒的な輝度感はクリーンな調薬作業をイメージさせ、十分に明るい均一な照度をもたらしています。
薬の持っている彩りを空間に反映しカラフルに色分けされた各エレメントは、高齢者/子供への機能説明として利用されることを想定しています。
「薬のお渡しはピンクのカウンターで・・・」「お手洗いは緑色の場所になります・・」「紫の手すりをご利用下さい」等。
ユーザビリティーとデザイン性を色と照明を用いて融合させることを目指しました。ロゴデザインも手がけています。


taku02


taku03


taku04


taku05


taku06


taku07


taku08


taku09

credit
client:takumi pharmacy
location:chiba
ad:a-study
architecture and interior design:a-study
logo / graphic design:a-study
lighting design:daiko lighting
construction:oikawa kohmu ten
model:a-study
photograph:tsukuru asada